脱毛中の日焼け、どのくらいなら許される?

脱毛中は施術前の日焼けもNG
脱毛直後の日焼けは肌に大きな負担となり、肌荒れやシミなどの原因となります。そのため脱毛直後はしっかりと日焼け対策をするようスタッフからもよく注意されると思いますが、実は脱毛前の日焼けもNGなのです。

近頃主流のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、毛根の黒色メラニンに反応する特殊な光を使って毛根の発毛機能を破壊し、発毛を抑止します。しかし日焼けをした状態で脱毛すると、光が肌の黒色メラニンに反応してしまい毛根に対する効果が薄まり脱毛効果が出にくくなってしまいます。さらに肌に与える負担もより大きなものとなり、痛みも普段以上に感じる場合があります。そのため日焼けをした状態では施術を断られてしまうケースもあります。

脱毛中の日焼けはどのくらいなら許される?
しかし、日焼けと言ってもその程度はいろいろです。いったいどのくらい日焼けをすると施術を断られてしまうのでしょうか?

皮膚がめくれるくらいのひ酷い日焼けの場合は、当然施術はNGとなります。他人から見ても分かるぐらい黒々とに日焼けており、水着や洋服の跡がくっきりと出ているぐらいでも施術を断られてしまうでしょう。一見して日焼けをしているかしていないかは分からないけれど、ぼんやりと水着や洋服の跡がついている、程度であれば注意は受けるかもしれませんが、どうしてもと頼めば施術してもらえる場合もあります。通勤・通学で自然に焼けた程度では施術してもらえることがほとんどでしょう。

程度に関わらず、日焼けをしてしまったらその日の脱毛は諦めたほうがいいかも
しかしそうは言っても、少しの日焼けであってもそれによる影響は多少は出てしまいます。そのため、自分でも日焼けをしたな、とわかったらその日は施術はキャンセルした方がいいでしょう。また脱毛中は普段以上に日焼け対策をしっかりとし、一切日に焼けないようにするよう心がけることがとても大切です。