日焼けをしたら次の脱毛までの期間は?

脱毛してきれいになった肌、水着や露出度の高い服を着てみせびらかしたくなってしまいますよね。でも脱毛前後に日焼けをするのはNGです。その理由をご紹介しましょう。

脱毛前の日焼けがNGな理由
最近主流の光脱毛は、毛穴のメラニン色素に反応して発毛を抑止する特殊な光を使っています。日焼けによって肌が黒くなるのもメラニン色素によるものです。つまり、日焼けをした状態で脱毛をすると脱毛器の光が肌のメラニン色素に反応してしまい、脱毛効果が低くなってしまうのです。

また、日焼け直後の肌は軽い火傷をしているのと同じ状態です。火傷をした肌はダメージを受けやすくとても敏感になっています。そのため、普段の状態であれば全く問題ない脱毛器の光にもダメージを受けてしまい、肌荒れや乾燥などのトラブルを引き起こす危険があります。さらに敏感になった肌は外部のダメージから肌を守るために角質層を厚くします。そのため、脱毛器の光が毛根にまでしっかり届かずに脱毛効果を薄れさせてしまうのです。

脱毛後の日焼けがNGな理由
脱毛器の光はほとんど肌にダメージを与えません。しかしそうは言っても全くノーダメージというわけではありません。ダメージを受けた肌は敏感になっているため、その状態で日焼けをすると普段以上に紫外線のダメージを蓄積してしまい、赤味や火傷、さらにはシミ・そばかすなどの色素沈着も起こりやすくなります。さらに脱毛によるダメージを日焼けがより増幅させてしまい、大きな肌トラブルに発展させてしまう危険性もあります。

日焼けから脱毛までの期間はどれぐらい開けるべき?
日焼けをしてから次の脱毛までの期間は、最低でも1~2週間は空けましょう。同様に、脱毛してから日焼けをするまでも1~2週間空けましょう。真夏に海や山などででジャーの予定がある人は、脱毛の予約日も考慮してスケジュールを組むようにしましょう。また、普段の生活の中でもなるべく日焼けをしないよう、日焼け止めや帽子、日傘でしっかりとガードをすることが大切です。