ミュゼではどのぐらいの日焼けで脱毛を断られる?

日焼けした状態での脱毛は基本的にはNG!
どのサロンやクリニックでも、日焼けをした状態では脱毛の施術を断られてしまいます。その理由は脱毛の仕組みにあります。ここ最近の主流である光脱毛は、毛根の黒色メラニンに反応して毛根の機能を破壊し、発毛を抑止します。この黒色メラニンは毛根だけでなく、日焼けをした肌にも含まれています。そのため日に焼けた状態で施術をすると、脱毛器の光が毛根ではなく肌に反応してしまい、脱毛効果が半減してしまうだけでなく肌にも大きな負担を与えてしまいます。

ただし、どの程度日に焼けると施術がNGとなるのか、その判断基準はサロンやクリニックによってさまざまです。

ミュゼではどのぐらいの日焼けで脱毛がNGになる?
ミュゼの場合は、皮膚がめくれてしまうほどの日焼けであればまず施術することはできません。また、他人からみてもはっきりと日焼けしていることが分かるほど黒々とした肌の場合も断られてしまうことが多いでしょう。洋服や水着の跡がうっすらとわかる程度の場合は、どうしてもとお願いすれば施術してもらえる場合もあります。通勤や通学で自然に焼けた程度であれば断られることはほとんどないでしょう。

日焼けをしてしまった日の脱毛は諦めた方がいい
スタッフから施術を断られても、それほどひどい日焼けではなく本人が希望すれば施術してもらえる場合もありますが、どうしても多少効果は落ちてしまうので、一度施術を断られたらその時は一旦施術を諦めた方がいいかもしれません。ただしそれがキャンセル扱いになってしまうのかどうかは、しっかりとスタッフに確認しておきましょう。キャンセル扱いになるとキャンセル料を取られてしまったり、施術回数を1回消化してしまったりとペナルティーが発生してしまう場合もあります。もしもペナルティーが発生してしまうのであれば、効果は薄らいでしまうとしても施術を受けておいた方がいいというケースもあるでしょう。